フィラリア予防薬の効果|ストロングハートプラスを国内で入手するには/医薬品専用の通販とは

フィラリア予防薬の効果

カプセルを持つ人

ハートガードプラスにはイベルメクチンとパモ酸ピランテルという2種類の有効成分が含まれています。
これらの成分がフィラリアに対して効果的で、駆除と予防を同時におこなってくれるのです。
ただし、注意しなければいけないのは、「フィラリアの幼虫に効果的」だということです。
フィラリアは蚊を介して犬の体内に侵入してくる寄生虫なのですが、寄生時はまだ幼虫で、この段階では目立った症状が出ません。
フィラリア予防薬はこの段階であれば効果的で、フィラリアの幼虫がこれ以上成長しないようにしてくれます。
成長が止まってしまった幼虫は自然と死滅していきますので、結果的に成虫にならせることなくフィラリアを駆除できるのです。
しかし、すでに犬の体内にフィラリアの成虫がいた場合、フィラリア予防薬は効果を発揮しません。
むしろアレルギー反応が出てしまい、そのショックで犬が死んでしまう危険もあります。
もしフィラリア予防薬を投与する場合は、まず動物病院でフィラリアの成虫が寄生していないかどうかの検査をしっかり受けてから投与してあげましょう。
ハートガードプラスのこうした効果は1ヶ月の間続いてくれます。
つまり、投与してから1ヶ月間は再びフィラリアの幼虫が寄生しようとすぐに成長を止め、そのまま死滅させてくれるのです。

ストロングハートプラスはこのハートガードプラスを基にして開発されたジェネリックですので、含まれている成分や効果はすべて同じになります。